三流釣師の絶不調日記

島生まれ島育ちの管理人の周りで起こる日常を、写真と共に紹介するブログ。

美人薄命

先日の池江さんの件聞いて、 

不謹慎ながらこの言葉が浮かんでしまいました。

 

文字通りにとらえれば、

美しい人ほど病弱であったり、数奇なあるいは過酷な運命に巻き込まれやすく、惜しまれつつも早くなくなってしまうものだ。

と理解していました。

確かにそれはそれで間違いないのでしょうが。

 

 

古今亭志ん朝さんの落語聞いてて、もしかしたら別の解釈もあるかもしれないと思いました。

多分「品川心中」。

 

枕の部分で、

「花の命は短くて」という言葉を解説しておられました。

 

花は女性のことですが、 

女性の寿命そのものが短いという事ではなく、

「女性がその魅力を最大に発揮できる期間は、非常に短い」という意味。

また、

「どんな女性でも、ある時期とても魅力的な女性になれることがある。ただし、その期間は非常に短い」

それを花にたとえたという事らしいです。

 

先日2/6の記事「今日と違う明日」のなかで、坂口安吾さんの「青春論」を取り上げましたが、

実は、あの後に重要な部分というか、メインの部分が続いていたので紹介します。

 

世阿弥佐渡に流される途中で作ったといいう「檜垣」と言う謡曲

これもうろ覚えなのですが、

檜垣と言うお寺に、毎朝閼伽の水を供えに来る老婆がいる。

その水がとても柔らかな水なので、

住職がその老婆に水のことと、老婆の身の上を尋ねたところ、

 老婆はある和歌を読んだのですが、住職にはその枕詞の意味がよくわからない。

それを再び尋ねると

「わたしは、どこそこの川のほとりに住んでいます」

「水はそこで汲んでくるのです」

「和歌のことが知りたければ、その川のほとりに来てください」

とのこと。

 

後日、住職がその指定されたところへ行って見ると、廃屋が一軒ある。

中へ入って見ると、

虚空から老婆の声で

「私は若い頃都に住んでいて、非常に綺麗でみんなにちやほやされて楽しく暮らしていた」

「ところが、年齢を重ねるうちに容姿も醜くなり、誰からも相手にされなくなってしまった」

「そのことを思い悩んで、悶え死んでしまった」

「そのためにこの世から離れられずにいる」

「どうか、ご住職のありがたいお経で回向してもらい、成仏させてもらいたい」

とのこと。

住職は

「わかりました。ではまず姿を現しなさい」

と言うと、例の老婆でなく鬼女が現れた。

 

和尚がお経を唱えると、その鬼女は若い日の楽しい日々を思い出しながら、恍惚と踊りながら成仏して消えていった。

 

 多分、原文とかなりの部分で違っているものと思われますので、興味のある方は是非本文で確認してください。

 

坂口さんがこの事をある女性に話したところ、その女性は非常に共感されたとの事。

 

女性は、失われた青春のせいで狂い死んでしまうほど、一瞬一瞬を強烈に生きている、と坂口さんは感心すると同時に、羨ましいと表現されていたように思います。

 

容姿の劣化で悶え苦しむという構図は、男では喜劇になってしまいますね。

そういう意味では、先日の「今日と違う明日」という言葉、青春という時代、

女性の方が実感として理解しやすいのかもしれません。

 

 

佐渡伝統芸能として「鬼太鼓」と言うのがあるのですが、

その正確な起源は明確ではないとされてます。

もしかしたら、この鬼女が踊りながら成仏する様を模したものかも?

と個人的には思ったりもします。 

 

 

~本日の早朝散歩~

小雨交じりの強風のためどうしようかと迷いましたが、とりあえず平沢海岸へ。

f:id:nanana2993:20190216092423j:plain

f:id:nanana2993:20190216092637j:plain

f:id:nanana2993:20190216092710j:plain

穏やかに見えますが、けっこう風が強いんです。

 

先日、渚の礫と砂のこと書きましたがちょっと認識が間違っていたようです。

この海水浴場、約100mくらいだと思うのですが、砂の投入がなされたようです。

東側にコンクリートの堤防。

西側には石組みの堤防。

10mくらいの沖合には多分テトラか何かの構造物を沈めて、砂の流出を防いでいるようです。 

 

 

帰りに若しかしたら朝日が見えるかもと、やまきホテルの駐車場に寄ってみましたが、残念ながらダメでした。

従いまして本日の開運画像はありません。

 

両津市街地方面

f:id:nanana2993:20190216093553j:plain

日の出もだいぶ東寄りになってきましたが、まだまだ小佐渡の山からです。

多分3月の中旬くらいになれば、平沢海岸でなら海からの日の出が見れると思います。

もっとも、もっと北のほう、鷲崎あたりでしたら一年中海からの日の出です。

 

また、藻浦という集落ですと7月あたりは、日の出と日没、両方海です。

たぶん。

中学生のころ、そこで合宿しながら砂礫の調査したことがあって、あいまいですがそんな記憶があります。

 

 

「花の命は短くて」ですが、全文は

「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりし」

「放浪記」の林芙美子の言葉です。

 

実はこれ、彼女の未発表の詩の一部だったんですね。

詳しくはこちらで

https://blogs.yahoo.co.jp/dolphin_onomichi/34032680.html

無防備な・・・いたよ

今朝は久しぶりに住吉海岸。

こんな光景に遭遇。

youtu.be

タコなんですが、普通カメレオンみたいに、周囲に体表の色素を変化させ合わせることにより、カモフラージュさせるんですが、

このタコ、赤いまんまなんです。

足の部分だけ、砂に合わせてグレーに。

名付けて「紅白タコ」。

なんともおめでたい「タコ」ですな。

 

春先にタコ、浅瀬によく来るんですが、まだ2月。

それにまだ太陽も登ってなく、日差しもない状態。

一日で一番寒い時間帯のはず。

なにか勘違いしてるんでしょうね。

 

もう少し足場が良く浅かったら、今夜の晩酌の肴になってたでしょう。

今度からタモの柄にトンボ付けて持ち歩こうかと思案中。

 

 

「非情の掟」です。

 

 

~本日の金北山~

f:id:nanana2993:20190215102918j:plain

異常なしです。

先日の怪しい発行体、

最近ではもしかしたら鳥の群れかも、と思うようになりました。

でも、光が反射してというよりも、発光してるようにも見えるのですが・・・・。

 

沖に停泊中の船を撮ろうとしたら、日海丸がちょうど入港中でした。

f:id:nanana2993:20190215103210j:plain

 

明るくなってきたので、ズームを効かせたら

f:id:nanana2993:20190215103334j:plain

 

~本日の開運画像~

f:id:nanana2993:20190215103436j:plain

日の出30分くらい前

実際はもっと赤が強く、グラデーションも綺麗だったんですが、まだまだ修行がたりません。

この後、だんだん白くなっていく一方で、日の出も見えずじまいでした。

真・善・美

先日の13回忌法要の記事で「善」とか「悪」とか書いたらこんな言葉が浮かんできました。

 

コトバンクによると

認識上のと、倫理上のと、審美上の美。人間理想としての普遍妥当な価値をいう。

 

私の考察

真:真理、真実のこと

ところが、物理学の法則に「不確定性原理」というものがあり、特定の物(分子でも原子でも)について時間と運動量を同時に正確に特定することはできない。

例えば、目の前にあるリンゴ。

それを構成している分子は、ぼんやり揺らいでいる?

それの総体としてリンゴが認識されているだけのことで、実はあやふや。

 

そもそもそんな難しいこと持ち出さなくても、

感覚とは脳内の分子や原子の相互作用、あるいは神経細胞を流れる電気信号であることを考えると、果たして目の前にあるリンゴが実在してるかどうかすらあやしい。

夢で見ている可能性だってありそう。

 

 また、「線虫」ってご存知でしょうか?

こういう微生物も人間の意識や行動に悪さをすることがあるそうです。

よろしかったら、貴志祐介さんの「天使の囀り」を読んでみてください。

 

覚せい剤などの薬物も幻覚を引き起こします。

 

善:正しい、良い、善行

倫理感のことで、立場によって違ってくる。

反対は「悪」。

ISのテロリストは多くの人に「悪」とされていますが、異教徒を排除することは彼らにとっての神に対する「善行」と考えられています。

すべての人が受け入れられる「善」という事はあり得ない。

 

美:美しさ、綺麗、調和

これも個人によって違ってきます。

ただ、調和と解釈すると、音楽の和音や絵画の画法、舞踏舞踊とかに関係してくるのかもしれません。

 

以前、武田鉄矢氏の「今朝の三枚おろし」で、日本人の意識についてこの「真・善・美」を取り上げ解説されてたように覚えています。 

日本人の根本的な関心事、あるいは物事の判断基準は「美しいか、そうで無いかが最も重要視されている」と言ってたような気がします。

 

 「人間の理想としての普遍妥当な価値」と言われてみても、どうやらあまり明確ではないような気がします。

 

と、ここまで書いてきて気づいたこともあります。

「真・善・美」ではなく「真善美」と、この三つを別々に分解することではなく、総体として認識すべきなんだろうな、という事です。

車を、ハンドル、タイヤ、ランプ、シートなどのパーツに分解したとたんに車と呼ばれなくなるように。 

 

 生き方として、

「本当と思われることを、より正しいと思う心で、自分の周りと常に調和しながらさがし続ける」

そうすると、幸せになれる・・・・・・かな?

 

似たような言葉がこの他にも

「知・情・意」

「心・技・体」

「天・地・人」

とかも。

 

人は、どうもこういう言い方を好む傾向があるようです。

もともとは一つの状態を、より深く理解しよう、説明しようとして分解して見せて、実はより難しくわかりにくくしているのかもしれない。

 

そういえば、古代中国の物語に、

「混沌」という宇宙を意味するのっぺらぼうの生き物があり

北の王と南の王が、この「混沌」に目と口と鼻と耳を付けたところ、「混沌」は死んでしまった。

というようなのを聞いたことがあります。(荘子の教えだったような気がしますが、正確ではないです)

 

物事を秩序立てて考えると、かえってその意味が不明になる?

 

そんなこと考えてたら「青い鳥」を連想。

幸せの青い鳥を探しに出かけるチルチルとミチル。

色々冒険をするのですが、

探していた青い鳥は、実は家に居た。

 

という話も思い出してしまいました。

 

 

 

~本日の早朝散歩~

平沢海岸です。

歩きやすさでは、一番歩きにくい場所です。

護岸の上のコンクリートの部分歩く分には、問題ないのですが、

渚を歩こうとすると、砂の部分は粒が大きいため緩く足がとられます。

また、梅津川に近づくにつれ礫が大きくなり、ごろごろで、これも歩きにくい。

足首、捻りそうな感じ。

 

平沢海岸ヘ向かう途中、見なれない船が係留中。

f:id:nanana2993:20190214091929j:plain

f:id:nanana2993:20190214091955j:plain

操舵室の後ろに「japan customes」とありましたので、税関?

つまり、税関の監視船ということ?

 沖合に停泊中の船への対応か?

 

ついでに、佐渡汽船方面

f:id:nanana2993:20190214092406j:plain

雲が厚いながらも、一部青空も。

 

平沢海水浴場

f:id:nanana2993:20190214092659j:plain

中央やや右上の怪しい影。

多分鳥でしょう。

 

帰宅途中、

ジェットフォイルの出航時刻でしたのでまた撮影しました。

今度はBGM付き

youtu.be

 なんか、画像と音楽があまりマッチしてないです。

屋根に積もった雪を吹き散らしながら出航。

ジェット機の急旋回時に起こるベイパー見たいでかっこいい。

 

~本日の開運画像 ~  

f:id:nanana2993:20190214100021j:plain

 

動画もどうぞ

~本日の開運動画~

youtu.be

 「本日の天気は?」

とアレクサに聞いたら

「晴れ、時々くもり」

・・・・・・

晴れどころか、朝からずっと雪がちらちら!

池江璃花子さん

衝撃的なニュースでした。

こんなこともあるんですね。

 

慢性とか急性とかで重篤度が違うらしいですが、私ももう少し?若ければ、骨髄バンクの登録も考えたでしょうが、見守るしかありません。

 

白血病で思い出すのが、夏目雅子さん。

いい役者さんでした。

 

当時とは比べ物にならないくらい医療の分野は進歩しているらしいので、是非ともご自愛していただき、

今度は白血病を克服したアスリートとして、ヒーローになっていただきたいと思います。

 

 

それはそうと、

桜田というオリンピック大臣が

 1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」と発言した

というニュースが。

 

当然ながら、かなり批判が出ているようです。

この立場の大臣の、こういう発言自体が、オリンピックへの期待や関心を「下火」にしていることを認識すべきでしょう。

 

責任を取って直ちに辞任すべきでしょう。

 

 

 

 今日は少々風が強く、ちょっと海岸を散歩する気になれない。

住吉海岸へ行ってみたところ、ちょうど日海丸がもうすぐ入港。

急いで埠頭へ。

f:id:nanana2993:20190213082204j:plain

見た感じはこうなんですが、ちょっと暗い

 

シャッタースピード、露出変えると

f:id:nanana2993:20190213082327j:plain

 

やがて日海丸の接岸

www.youtube.com

物足りないのでこの後、加茂湖へ。潟端付近を散歩

両津市街地方面

f:id:nanana2993:20190213082638j:plain

金北山方面

f:id:nanana2993:20190213082758j:plain

 

さらに空港へ

f:id:nanana2993:20190213082903j:plain

到着する飛行機もないので除雪も必要ないか

吹き流しを見ると微風。

海岸ではかなり風が吹いていたのに。

 

そう思って住吉海岸へ。

やっぱり風が強い。

 

~本日の開運画像~

f:id:nanana2993:20190213083141j:plain

一瞬ですがお日様が

 

 

それにしても

本当に池江さん、頑張ってください。

今日の早朝散歩 平沢海岸〜梅津川

今日は趣向を変え、平沢海岸へ。

初めて梅津川河口まで行ってみました。

 

6:10頃到着

f:id:nanana2993:20190212091213j:plain

雲が多いものの穏やかな朝です

 

今日も2隻ほど避難してます

f:id:nanana2993:20190212091310j:plain

こんな堤防もあるんですね。

経験上、結構面白いものがいそうなんです。

 

護岸の上でなく、なるべく海岸を歩きます

梅津川の河口

f:id:nanana2993:20190212091630j:plain

昔はこの上流に家畜の屠殺場があって、動物の体液が流れてきてたせいか、結構魚が集まっていたと言う話を聞いたことがあります。

現在はその施設もなくなって、その代わりというわけではないのでしょうが、下水処理場ができている様です。

 

河口付近の梅津橋

f:id:nanana2993:20190212092025j:plain

つい最近、耐震補強工事がなされた様です。

 

河口付近はやはり礫が大きい

10cm〜40cm位で、砂はありません。

f:id:nanana2993:20190212092207j:plain

 

河口から離れるに従って、礫も小さくなり砂も混じります

f:id:nanana2993:20190212092303j:plain

海水浴場ではこんな感じに。

f:id:nanana2993:20190212092345j:plain

住吉海岸の砂は1mm以下の砂ですが、島外からの投入らしいです。

 

雪が積もっているのではっきりとは確認できませんが、ほとんど漂着ゴミはありませんし、不法投棄ゴミも見当たりません。

f:id:nanana2993:20190212092726j:plain

f:id:nanana2993:20190212092812j:plain

f:id:nanana2993:20190212092853j:plain

雪のためはっきりとは確認できませんが、

住吉海岸と大違いです。

 

海流とか地形の関係かと思います。

まさかわざわざ大量のゴミを捨てにきているとは思いませんが、

しかし、実際に生活ゴミを日常的に投棄している人を目撃もしていますので、もしかしたら近くにそういう人がいるのかもしれません。

というか、明らかにどこかで海に捨てたゴミが集まっているわけです。

 

人物を特定し注意するのも必要かもしれませんが、各集落ごとに総会とかあるわけですので、

行政の方も、区長などに要請して話題にしてもらって、地域ぐるみで不法投棄をなくす様啓蒙したらどうかと思います。

 

こんな看板も有効かも

f:id:nanana2993:20190212094417j:plain

佐渡市作成の罰則を記載した注意看板なんかも、いくつか設置したらどうでしょう。

ボランティアを募るのもいいかもしれません。

 

そのほかにも気付いたことが色々あります。

例えば、この平沢海岸、

非常に海水浴の施設が充実しています。

更衣室、シャワー、トイレなど。

半分くらい住吉海岸に欲しいですね。

 

ところが、トイレ、煌々と電気がついているんです。

f:id:nanana2993:20190212095215j:plain

海水浴シーズンならいざ知らず、今の時期利用する人がいるのでしょうか?

閉鎖しても問題ない様な気もします。

無理なら、せめてセンサー式にしたらいかがでしょう。

 

あと老朽化したパーゴラの補修なんかもしてますが、

パーゴラ、必要ですかね? 

撤去の方がよくないですか?

夏の暑い時期、散歩の合間の休憩場所のつもりなんでしょうが・・・・・。

だいたい散歩は暑い時間を避け、早朝とか夕方が多い様に思います。

実際住吉海岸ではその様な傾向が見られます。

 

人口減少で予算不足が心配される中、僅かでしょうがこういった些細なことの積み重ねも大事な様な気がします。

それを調べるのにまたお金がかかるということもあるのでしょうが。

 

なんか否定的なことばかりが浮かんできて、まだいくつかあるんですが、そろそろ嫌になってきましたのでもうやめます。

 

 

帰りに魚市場に寄ってみました。

f:id:nanana2993:20190212101743j:plain

セリが行なわれていました。

f:id:nanana2993:20190212101844j:plain

 

ちょうどジェットフォイルの出航時刻。

何度も撮影してるのですが、この角度では初めて。

youtu.be

 

〜本日の開運画像〜

f:id:nanana2993:20190212102147j:plain

f:id:nanana2993:20190212102109j:plain

 

13回忌法要

昨日、妻の父親の13回忌ということで、実家の法要に行ってきました。

 

菩提寺の住職が昨年他界し、その後を継ぐ者もいないので事実上の廃寺状態。

という事で別のお寺からお坊さんを呼んで、ということに。

 

確か、曹洞宗のはず。

曹洞宗は、ご存知の通り「道元禅師」が開祖。

主に唱えられるお経は「摩訶般若波羅蜜多心経

 

唱え方は「南無釈迦牟尼仏

つまり、お釈迦様に帰依します、という事。

南無阿弥陀仏」でも良いそうなのですが、こう唱えると阿弥陀様に帰依しますということになります。

お釈迦様と阿弥陀様は違うのですが、人間が勝手に区別しているだけで共に如来という事でよろしいという事?

ついでに言えば、如来はこの他にもいっぱいいて

大日如来薬師如来、などがある様です。(私の知ってる限りでは)

 

仏教での最高位で、人間でなれたのはお釈迦様だけと理解しています。

次の如来とされていて現在修行中なのが「弥勒菩薩」。

 

ちなみに念仏とは「南無阿弥陀仏」のことで浄土真宗などでよく唱えられているようです。

また「南無妙法蓮華経」は法華経に帰依しますという意味で、日蓮宗が主ですが、創価学会立正佼成会でも唱えられている様な記憶があります。

間違っているかもしれないので、ご注意を。

 

 

よく確認はしてないのですが、最近、葬式とか法要などでお坊さんが唱えるものについて、お経だけでなく、自分でアレンジしたものを唱えている様な気がするのですが、間違っているのでしょうか。

 

お経っていうと漢文を音読みしたもので、一般人がただ聞いただけでは理解できないと思ってたのですが、言葉の端はしに推測可能な言葉がいくつも出てくる様な気がします。

 

今回も、お唱えする言葉の中に「善」とか「悪」とかの言葉が随所に出てきて、これ本当のお経かな?と思った次第です。

それはそれで一向に構わないのですが。

 

ということで、昨日は久しぶりに妻の実家に行って、みんなと話しができてよかったです。

 

 

今日は風もなく穏やかな朝だったので、早朝散歩に。

〜今朝の金星と木星

f:id:nanana2993:20190211101552j:plain

よくわからないかもしれませんが、かすかに金星と木星が見えます。

左が金星、右が木星。だいぶ離れてしまってます。

もうちょっと早いと良かったんですが、最近めっきり朝が早くなった様な気がします。

 

 

本日の開運動画・・・かな?

youtu.be

朝日は見れなかったものの、空がきれいだったので。

男おいどん

高校時代によく見た漫画。

松本零士氏の作品。

このあと、宇宙戦艦ヤマトなどが大ヒットしたようですね。

 

このおいどんの本名「大山昇太」と言うんですが、

フーテンの寅さんのように美女が次々と登場するのですが、いずれも振られ続けるというストーリー。

 

そのなかでもけっこう名言がありまして、(多少言い回しが違ってるかもしれません)

「男はくやしさっちゅうエサを食って、ますます男らしくなる」

「泣いてもわらっても明日は来る。ならば笑って寝よう」

「これをなくしても死ぬことはない。けれど失ったプライドは取り戻せない」

などなど

 

その中で一番好きなのが

「死にそうになってても、助けてやるもんか」

次が

「勇気凛々ドドメ色」

(同じころに「ワダチ」という漫画もあったので、もしかすると錯綜してるかもしれませんが)

 

この、

理不尽な相手に対して、悔しさいっぱいにもかかわらず積極的に懲らしめてやろうとは思わないところがいいですね。

 

ある意味親鸞の「他力本願」に通じる?

 

 

今日は深夜から雪が、「こんこん」?「しんしん」?と降ってました。

どう違うかは正確にはわかりませんが。

 

「こんこん」というとポジティブな感じ。

子供たちが「もっと降れもっと降れ」と言ってるような。

「しんしん」は「深深」?「神神」?というような音もなく風もなく静かにただ降り積もるような感じがします。

 

それで、トキでも撮影に行こうかと思って外へ出てみたら、

f:id:nanana2993:20190210100150j:plain

昨年はこんなもんじゃなかったんですが、今年はこれで大雪。

 

さて出かけたものの、一向にトキの姿は見えず。

帰りしなに、一枚だけ撮影。

f:id:nanana2993:20190210100346j:plain

 

せっかくですので、7日に撮影したトキ。

f:id:nanana2993:20190210100448j:plain

f:id:nanana2993:20190210100519j:plain

 

図書館は受験の青少年に譲ることにして、(インフルが怖いのもあり)自宅にて過ごしております。